2016年4月7日木曜日

学び 16






数理盤(数霊盤)を観てみます
本来、立体のもので、正六面体です
ここから、ひもといていくと波動の姿が現れてきます
以前、おはなししました

そこに数理を当てはめてみますと

数理盤    alphabet盤

4 9 2    J E G
3 5 7    H A C
8 1 6    D F B

平面図にするとこうもなります、全宇宙のなかにある地球の位置情報も示している
!~9までの数理であらわしていますがこれがそのまま六面体に、すっぽり入ります

上から見ている陽の世界、下からのぞき見れば陰の世界
側面に回れば、4面ですから四季の世界でもあるわけです

ここで上から見ている陽数理盤を考えてみましょう

今年は9数申年ですから

9数理盤

8 4 6
7 9 2
3 5 1

となります
これにも四季の彩りを再現すべく波動をとると順逆が現れます
ひとつは91234・・・これを順流とするならば

1 5 3
2 9 7
6 4 8

もひとつは98765・・・これは逆流とよぶことにしております

万物の霊長「ヒト」には男女があります、ここにも
男性では、9数年生まれならば、91234・・・・と順回転が順流波動として流れますが
女性ならば、同じ9数年生まれでも、987654・・・と逆回転が順流波動として流れます
これが現象の世界に出てくるわけです

逆流波動は「心」として理解してもよいでしょうか、それぞれに順流波動とは逆に現れる、
現象世界を突き動かしている世界です
これらを総じて表層部構造として認識してもいいわけです


つぎに中段です

側面から観た中段部には陽数理と陰数理がクロスし、よじれたかたちで収まっている
上から見れば表層部の9個のマスをどけてみた、次段の9個のマスのことです
9数理ですから、裏面は2数理となります


つぎに

側面から観た下段部には陰数理がつまっております
中段部にある9個のマスをどけた、さらに下段にある9個のマスです

ここでは

上段部を陽数理9数として見てきましたから、
この下段部は陰数理2数の世界です

この下段部を上から見れば
2数理盤

1 6 8
9 2 4
5 7 3

この下段部を下から見上げれば

3 7 5
4 2 9
8 6 1

としての深層数理盤が現れます

これらにも順流と逆流としてのものがあり、順回転と逆回転があります

日本ではこれらを上から順に、上津瀬、中津瀬、下津瀬と云う表現をして、
万葉集などに著してきておりますが、
働きは示されていません
言あげしない


補足)
 上津瀬の流れは速いとか、下津瀬は遅いとか表現しているようですが視覚表現
 体の中は体の外をコントロールしており「時流」は表裏一体、、、、心の機微は観えませんもの
 







六面体の中心は空なる世界
時の流れる空なる次元
合すればムスビの世界
無とは一線を画す次元


以上、
http://www.japanesephilosophyculture.jp/



2016・4・23 「追加」

前回、お話した今年度の発生しやすい出来事として 
E場ーX4-6 が、姿を変え〈パナマ文書〉として
世情をにぎわしている

〈パナマ文書〉 

 今年      今年
陽数理    陰数理

8 4 6   1 6 8
7 9 2   9 2 4
3 5 1   5 7 3

X3・X4    X5・X8

6数 ~ 政治家、大物、権力者、企業家、軍需産業、特需の内幕
X4数~ 情報、インターネットによる伝播、
E場 ~ 暴露、表面化、弁護士、知的情報漏れ、名声、汚名、  

、、、、の型で、現れてきました
6数が絡みますから、予想以上に大がかりな問題になります
国政崩壊を免れない国がいくつか現てくる
かもしれない、時代の洗礼

いよいよ来月5月からは、X3数破壊月となる〈風薫る5月〉

9数申年   3数巳月

8 4 6   2 7 9
7 9 2   1 3 5
3 5 1   6 8 4

X3・X4    X1・X4   ▲1・▲7

H-7-X1-9
B-1-X4-3
D-X3-6-5

金銭ネタの氾濫、金銭ネタ洩れが止まらない、腐敗構造、、、、、情報のダダ洩れ
企業内裏金、隠ぺい構造の露呈、不正経理、
乗じてガセネタまで現れてきます

つづいて
軍需機密、死の商人発覚、議員・政治家によるリーク、議員・政治家のリーク
自殺者が出る、暗殺、口封じ、粛清による隠ぺい、、、ほか、爆発的拡散により
とんでもないことが起こる