2020年11月20日金曜日

かずたま入門8

 *当ブログは、JMN墾天沼矛(株)の監修によるものです


今回は、数の系列による吸引、関係性を見つめていきます

147・258・369の各系列に分けられ、数の吸引をしていることは

通例ですが、どのような仕組みで吸引しているのか、、、、

どのような構造を有しているのかは語られません、これをみつめます


基本数理盤をして、時間軸としての5数理中心で見つめる現象把握や、

時間質・時間場・名前等の静態や動態の把握とはことなり、

亀甲形態としての六角形をみつめて、それを形成するところの3方向より

数の「認識」として、また「確認」をおこなう上での、みつめかたです

今回は、亀甲形態のうちの縦亀甲を通してのみかたです


この六角形の1角を真下に置き、そこに「1数」配置します

つぎに時計回りに次の角に「2数」を置きます、さらにつぎの角に「3数」を

配置して順の流れとします

ここより流れは六角形の中心に入り「4数」を配置します

さらに反対側に出て「5数」を配置します

こんどは逆の流れとして、その上の角に「6数」を、さらに真上角に「7数」を

配置して完了となります


各人イメージしながら図を描いてください

ここに縦系列に下から「1・4・7」となります


六角形に数理をあてはめると数理の意味合いがあらわれますから、

この表現をします

縦軸に配置された数理ですから、その場の意味合いとして精神性も付随します

「1・4・7」は真上にある数理でもありますから、思想とか、思いによる

感情・感性的な意味合いと、真下にもある数理ですから、ムシが好く、気が合う、

性に合う、などの個人の潜在的なものにおいて、振り分けられてくる人界心理

としての数理でもあります、これが【人数系列】です


縦軸においての3段階ふるいわけられますから、人界にはその社会形成に

上流・中流・下流のふるいわけが自然発生してきます

人数系ですから人間界を形成する社会、その中に存在する人間関係においての

数理です

時計回りにおいて1から始まり3に回りこむ、、、、そこより中心を抜けて

反転するわけですから、1数と7数とは同数系列でありながらも、

正反・順逆の関係でもあります、はたらきも共通のものがありながらもです


1数からはじまった順流は、3数条件の人が現れると流れに反転するはたらき

が、現れて中心を通りぬけて5数へとむかい、逆流に向かいます

そして6数から、7数へと向かい完了します

1数が始まりなら、7数は完了です、、、、これには吉凶も、善悪も、区別

ありません


このように人数系列の集まりは、3数から5数へと向かうとき、

順逆に流れが大きく変わります

これを「3-5の変化」また、誤算をもじって「5-3の変化」ともよびます

これが人数系列におこる【突然変異】で、思いや行動のいかんにかかわらず、

ある日突然発生してくる人界現象です

突然変異ですから、元に戻ることより、共生していくことを考えねばならない


人間社会としてみれば、吉凶とは関係なく3数年で始まる変化は

今年4数年をくぐり、来年5数年までがひとつの流れとして形成される、

とも見ることができます、、、、人界にある「3-5の変化」です


人体に及ぼす「3-5変化」もあります

生活環境がかわり、職場環境がかわる、社会環境の変化が及ぼす

人間関係の変化が、人体に影響を及ぼしてくるところの自律神経の失調症です

人数系列における、流れがそれて歪みが起こることによる発症です

3数~感覚器、神経系、感情などの意味合い

5数~統括管理する意味合い、バランスをとる意味合い

この人数系列は1数・3数・5数・7数の奇数がかわりめとなってくる

特徴をもっています



こんどは、2数から回り始めた場合にはどうなるのか、です

先ほどの「2数」が配置された角より、時計回りにつぎの角に「3数」が、

さらに、その次の角が真上に来て「4数」が配置されます

そこより中心にはいって「5数」が配置され、真下に抜けた角に「6数」が入る

反時計回りに逆流となり「7数」が配置され、右上角に「8数」が入ります


この左側下より右側上への斜め斜線の「2・5・8」数理が、【地数系列】と

よばれるものです

地数系列のある斜線は、5数理を中心とする基本数理盤にある2・5・8の

配置される場所とおなじ斜線ですから、重なりとしても現象は強くあらわれます

また地質、肉体構造など内部構造を意味する特徴があり、

中心には時間数・5数による管理された働きともなり、時間質・時間場により

その働きはふるい分けられます

先ほどの奇数変化となる人数系列とは違い、「場」の意味合いが強くはたらき、

偶数変化となる2数・4数・6数・8数が、その変化を司っています


縦系列には4-5-6となる数理があり、基本数理盤の気流、交流、流通、

大気などを表す斜線数でもありますから、変動が起こる前後には、

外界に影響をあたえながら、地界に宿り、場に宿り、体内に働きかける

ところの地数系列です

また、地に根差すところの、住いに与える影響も大きい数理です



つぎに、最初に振り分けた左上角の「3数」からはじまる数理については、

時計回りに真上角にむかい「4数」を配置し、右上角に「5数」を配置します

そこより、中心にはいり「6数」を配置し、左下角にぬけて「7数」を配置します

こんどは逆流となって、真下角に「8数」が配置され、右下角に「9数」を配置

されると完了となる数理の型です

ここに、左上角から右下角にむかう斜線に「3・6・9」として映し出される

【天数系列】が現れます


天数系は縦系列に偶数4数・6数・8数が配置され、

奇数3数・5数・7数・9数を、左右に振り分けてくるところから、

融合と分離の条件を併せ持った働きとなります


左上角から右下角への斜線ですから、外部からの影響を受け、外部に対する

反応の俊敏さ、流行・世情にも聡いセンス、判断に偏りが少ない、

決断力の的確さなど、数理としての特性を持ち合わせている数理系ですが、

流通系ですから軽さもあります

また、時間により振り分けられてくる数理でもあり、思想、考えも、

そこより反映されてくる持ち味がある天数系列です


地数系列が「5数」を中心としている地に根差す数理であるのに対して、

天数系列は「6数」という回転数が中心となっている動き回る数理と云えます

人数系列を「4数」がしきるところから、風の流れとして風見鶏的な数理面もある


これらの数理が各々別々にではなく、3つの方向性の数理として一体になって、

亀甲を彩り、回転するわけです

それをまとめてくるのが時間軸5数ということになります

地球環境を統括している5数でもあります

そこに【時・トキ】としての回転の彩が始まる

音霊数として、その数理をみると 「ト・17」「キ・10」となります

17+10=27数  です

天・地・人としての三つの数理形態が重なりますから、一つ一つの角として、

各場が3重環ともなり、三つ三つとなってくる

3年・3か月など「3数」に集約された表現もでてきます

お七夜の 3X7=21日 などの表現です

また、

暦の原初的な考え方である、季節を3つ3つにふりわける見つめ方でもある

3x4=12か月

これは縦・横の亀甲形態から、3つ3つにふりわけられたものが、

4本の柱により展開されてくることによりあらわれる、六面体であり八面体

となる構造形態の姿です

現象は広がりの世界ですから、面として現れてくる、縦・横・奥行きの世界です

そこに時が流れている


時間だけで形成されるモノはありませんし、

空間だけで存在しているモノもないわけです

そこに彩りとしての数理が存在しているわけです



記述中