2020年2月13日木曜日

かずたま入門 5

*当サイトは、JMN墾天沼矛(株)の監修によるものです



「場」の問題に取り組んでおりますが、自然、その問題を統括している
時間のお話にもそれてしまうところもあります、流れのままです
前回、健康問題のお話のなかで、陰数理時間と陽数理時間の
お話をいたしました、これを少し入り込んでいきます

通常、

現象を観る場合、陽数理時間質でみていきます
現時点での陽数理年、陽数理月、陽数理日などみながら
陽数理陽命数、陽数理陰命数を俯瞰していきます

さらに

人物、物事、出来事など「特定」の問題には、これにあわせて
その物事の生年、成立年、その物事の生月、成立月を中心にして、命数、
仕事、銘柄、名前、場所、組織、など、拡大してみつめていきます
これも陽数理中心にみつめていきます

これらを車の両輪のようにどちらからもみつめていきます
、、、、、陽数理を中心にみつめているわけです
躍動している生命、を、みつめているわけですから当然です

今回、ここでの観点は、生命の点滅についてです
これを同じ観点で凝視しているようではこまります





【生命の点滅】

今回、一時でも生命の点滅する環境に置かれることで、
研究をさせて頂いている己を、神や師に心より感謝しながら
話を進めてまいります

ここでの観点は病気、事故、など、、、、ひいては命運の問題についてです
「命運が尽きた」なんて、よくドラマの時代劇なんかでいう「ソレ」です
身近なご家族に残念にもその境遇に置かれていらっしゃるかたも
おられるかもしれません

今回はこの問題をつきつめていきます
外傷なら陽数理、、、、内部疾患なら陰数理なんてわかりやすければ
簡単でいいんですが

内部疾患でも、自らの生活習慣によるものもあれば、遺伝性の場合もある
精神的に追い込まれての自殺でも、自らしでかし作り上げた場合もあれば、
幼少期における心の形成期に何らかの外的要因によりひびわれた心、生命、
による発病にかぎらず、成長とともにあらゆるかたちで破局現象化してくる
、、、、場合もある

また突発的に、対向車がセンターラインからはみ出してきた事故、
ご本人すら自分が生きているのか死んでいるのかさえ分からない死亡事故
何のいわれのない事故、何のいわれもない事件

これを、

外傷事件事故だから陽数理、健康問題だから陰数理でみるんだという、
薄ぺらな判断では因果を見渡すわけにもいかない
問題の根源は奈辺にあるのか
日常において常に考えていかないとならない

ただ健康問題に取り組む場合、それが命運にかかわる問題となるならば
陰数理と陽数理の対応による観点がクローズアップしてくる
十分な警戒をする必要はあります

陰数理と陽数理、とくに陰数理波動・陽数理波動において破局性が
同次元、同時性を現すとき、年齢にかかわらず生命環境が点滅します
命の危機を迎えるということです

かずたまを学ぶかぎり一度は、みずからを確認していただきたい

健康みなぎる状態であれ、精神的に弱り切った状態であれ、
突然それはやってくるわけです
元気に家を出かけて行ったのに、、、、です
ここに陰数理と陽数理のかかわりはあります

いくつかの具体例をとらえながら考え見つめていきます



例題1)昭和9年(1934年)生まれの女性の事案
 
 1934年ですから、1+9+3+4=1+7=8数戌年
 となります
  
 高齢者の場合、生月作用はあまり働きません
 よって、生年数を中心に見ていきますが、同時に陰数理時間が
 顔をのぞかせてきます
 
 この場合

 陰数理の出し方は「陽数理+陰数理=11」となる数理ですから
 陽数理年が8数戌年ですと、陰数理は3数戌年となります
 十二支は変わりません、陰陽どちらになっても、その年の干支は
 変わらないわけです、波動をとるとき以外は、です

 つぎに陰陽の年盤をみていきます

 陰数理     陽数理 
 3数戌年    8数戌年

 2 7 9   7 3 5
 1 3 5   6 8 1
 6 8 4   2 4 9

 X1・X2    X2・X7   ▲6

準破壊は6数理となります
なかでも、2数理は陰陽ともに破局しておりますから、
生年波動数で2数波動となる時間帯、なかでも陰陽波動数ともに
2数波動となる場合、危険性が倍加します、重なる場合のことです

実際波動数をとりますと

陰数理波動
1934~1936 3戌・3戌
1937~1939 2酉・4亥
1940~1942 1申・5子
・・・
・・・
・・・
2000~2002 8子・7申
2003~2005 7亥・8酉
2006~2008 6戌・9戌
・・・
・・・
2015~2017 3未・3丑
2018~2020 2午・4寅
2021~2023 1巳・5卯
2024~2026 9辰・6辰
・・・

陽数理波動
1934~1941 8戌・8戌
1942~1949 9亥・7酉
1950~1957 1子・6申
1958~1965 2丑・5未
1966~1973 3寅・4午
1974~1981 4卯・3巳
1982~1989 5辰・2辰
1990~1997 6巳・1卯
1998~2005 7午・9寅
2006~2013 8未・8丑
2014~2021 9申・7子
2022~2029 1酉・6亥
・・・

となります、対応させますと
2020年まで陰数理波動は順流で2数午が回り込んでおります
が、陽数理波動では順流9数理申となり「嵌合数理」となっております

陽数理9数申波動では2020年C波動は4数破壊の年となります
が、生年数では4数理は破壊されておりません
この期間に破壊現象が噴出する場合、
よほど命数と姓名に破局性が強い条件であるとか、
取り囲む環境に破局性が充満していない限り、問題の出ることはない

つぎの生年波動時間帯をみていきます

2022年が陰数理波動が順流1数巳、陽数理波動が順流1数酉ですから、
生年陰数理の1数破壊波動による共鳴現象が起こりやすい
生年陽数理の1数波動数は破壊数ではないのですが、、、、
この場合、陰数理では破壊数ですから、そちらに引きずり込まれやすい

陰数理は21年より破局性が始まっていますが、陰数理波動による破壊
ですから、なかなか表面化はしてこない
22年になりますと陽数理が共鳴してきますので、表面化のきっかけが
出てくる、、、、ある日突然、、、
というパターンとなる様相です
もとをただすと1年数か月前からというケースです

現象になるにはそれなりのC波動との兼ね合いも必要です

2022年は6数理年となり陰数理・陽数理による準破壊数となる年です
こちらは外部要因ともなる要素です

突発的事故や場合によっては事件にまかれるという条件もでてきます
これは外部要因C波動6数が、ご本人の陰・陽波動数1数を破壊してくる
ことから、おこり得る問題です

自然の時間流の流れのなかでは、これをカバーする因子がありません
そのまま現象化してきやすいわけです

・陰数理波動と陽数理波動の吸引作用による破局性
・陽数理C波動年の破局性による現象化の道筋のできる年

その意味で2022年は要警戒年ですが、一概には言い切れません
各人の条件いかんで吉凶にふるいわけられる年でもあります

・各人の生年時間質と「名前」との兼ね合い
・各人の生年時間質と「命数」との兼ね合い
・各人の生年時間質と家系を代表する「姓」との兼ね合い

これらの問題で、運命展開に大きな開きが出てきます



例題2)幼年期から少年期における、生命の点滅の事案

小学2年生が、急性肺炎で危篤のふちをさまよった事案です
幼年期・少年期初期の場合、本人の生年数はあまり作用しません
ご両親の結婚年月数による数理が強く影響します

当然、結婚年の破壊数、準破壊数などが、
結婚波動、C波動年などとからんで、お子達の上に降りかかってくる

両親結婚年月からの波動による破局時間帯と符合してくる事案であります
これは誘拐事件などにも共通のものを、見出せます

両親結婚年月は、陽数理「8数未年・6数亥月」となっております
年月盤を作りますと
  
 陰数理     陰数理
 3数未年    5数亥月

 2 7 9   4 9 2
 1 3 5   3 5 7
 6 8 4   8 1 6
 
 X1・X6    X4
   
 陽数理     陽数理
 8数未年    6数亥月

 7 3 5   5 1 3
 6 8 1   4 6 8
 2 4 9   9 2 7

 X2      X5・X7   ▲7・▲9
  

この結婚年による波動は、本人達のみならず、
幼少期のお子様の健康にあとあとかかわりを持つことになります

結婚年は陽数理8数年ですから、陰数理3数年となります
陰数理波動周期は、3年波動です
陽数理波動周期は、8年波動となります

〈陰数理波動〉
8数年~1数年 3未・3未
2数年~4数年 4申・2午
5数年~7数年 5酉・1巳
・・・
・・・

〈陽数理波動〉
8数年~6数年 8未・8未
7数年~5数年 7午・9申
・・・
・・・

この波動よりみると、発症時間帯のご両親の波動は、
陽数理波動では「7数午・9数申」の破壊時間帯であり、
C波動年であるこの年自体も7数子年の破壊期となります

両親の破壊期ではありませんから、陰数理までの破壊とはなりませんが、
お子様の破壊期として現象を体現しております


今度はお子さま本人の時間質をみていきます
本人、生月・生日は1月11日(陽数理8数丑月・8数戌日)のうまれです
本人の生月数理・生日数理を見ます

 生月陰数理   生日陰数理   並列変化数

 2 7 9   2 7 9   7 3 5
 1 3 5   1 3 5   6 8 1
 6 8 4   6 8 4   2 4 9

 X1・X9    X1・X2    X2・X5

 生月陽数理   生日陽数理   並列変化数

 7 3 5   7 3 5   2 7 9
 6 8 1   6 8 1   1 3 5
 2 4 9   2 4 9   6 8 4

 X2・X5    X2・X7    X1・X9

また、
生月陰数理と生月陽数理による準破壊数は▲6数です
生日陰数理と生日陽数理による準破壊数は▲2数と▲6数です

今度は、

具体的に生れ月より波動数をとっていきます
陰数理波動は3か月周期、陽数理波動は8か月周期となります


〈陰数理生月波動〉
01月~03月 3丑・3丑
04月~06月 4寅・2子
07月~09月 5卯・1亥
10月~12月 6辰・9戌
満1歳
01月~03月 7巳・8酉
04月~06月 8午・7申
07月~09月 9未・6未
10月~12月 1申・5午
満2歳
01月~03月 2酉・4巳
04月~06月 3戌・3辰
07月~09月 4亥・2卯
10月~12月 5子・1寅
満3歳
01月~03月 6丑・9丑
04月~06月 7寅・8子
07月~09月 8卯・7亥
10月~12月 9辰・6戌
満4歳
01月~03月 1巳・5酉
04月~06月 2午・2申
07月~09月 3未・3未
10月~12月 4申・2午
満5歳
01月~03月 5酉・1巳
04月~06月 6戌・9辰
07月~09月 7亥・8卯
10月~12月 8子・7寅
満6歳
01月~03月 9丑・6丑
04月~06月 1寅・5子
07月~09月 2卯・4亥
10月~12月 3辰・3戌
満7歳
01月~03月 4巳・2酉
04月~06月 5午・1申
07月~09月 6未・9未、、、、、、▲
10月~12月 7申・8午


〈陽数理生月波動〉
01月~08月 8丑・8丑
09月~04月 7子・9寅
05月~12月 6亥・1卯
01月~08月 5戌・2辰
09月~04月 4酉・3巳
05月~12月 3申・4午
01月~08月 2未・5未
09月~04月 1午・6申
05月~12月 9巳・7酉
01月~08月 8辰・8戌
09月~04月 7卯・9亥
05月~12月 6寅・1子、、、、、、▲
01月~08月 5丑・2丑
・・・
・・・


満7歳6か月で発症
発症前に2週続けて予防接種をうけております
体力の劣化もあったのでしょう、風邪気味から一気に急性肺炎に
向かった様相

 発症年     発症月
 C波動      C波動

 6 2 4   7 3 5  
 5 7 9   6 8 1
 1 3 8   2 4 9

 X2・X9    X2     ▲1

この年自体、結婚年の破壊数X7数年ですが、つづけて
結婚年月の破壊・準破壊となるX7・X9時間数が、発症のすぐあとに
まわってきておりますから、当初、じきに治るとみているうちに
あれよあれよと病状が悪化していくさまがうかびます

また

お子さま自身は、陰数理・陽数理ともに破局しておりますから
尋常な状態ではありません、重篤になりつつあります
周りの大人が、たかをくくっていた感があります

これは外部C波動6数理から破局性が内部に入り込んでいることからも
大人・6数の管理の不行き届きが推測できます

発症後は、翌月から
7数年・9数月、
7数年・1数月、
7数年・2数月となりますから
このように発症時間帯以降に、危険期がつづいて来ることは
よくあるようです

この場合

数か月にわたる闘病生活になったケースです







今回、命運についてのお話をいたしました
事故、事件にからむものをもふくむ重量級の課題です
簡単なことのようでいてわが身となるといかがでしょう

巷を騒がしている新型ウイルスも包括しております

以上、



あとがき
 いつまでも生きていられると思うから不満も不服も怒りさえもおこってくる
 「やれ、まずい !」「気に入らない !」「うるさい !」「離婚するか!」なんて
 奥さんにも子供にもあたりちらせるんでしょう、先があるわけですから、、、

 けれど
 明日尽きる命ならどうなのだろう
 雑踏の毎日のすべてが
 愛おしくなるのかもしれない