2019年12月19日木曜日

かずたま入門 4

*当サイトは、JMN墾天沼矛(株)の監修によるものです



前回に続いて「場」のお話を始めましょう
とはいっても、時間をのけて場を語ることは出来ませんから
「時間」のお話もしながら、進むことにします

前回は場の風味を味わうために季節感を織り交ぜながら話をすすめました
一年の季節感を表現するに四季特性、春夏秋冬を「正十字」としました

つぎに

方位を場から抽出して、H場東、C場西、E場南、F場北とみたてました、また
一日の時刻も時間場として抽出、H場6時、E場12時、C場18時、F場24時
とふりわけました

また

「正十字」のほか
「兆し」となるクロス十字
「極み」となるクロス十字

あわせて3つの十字形象で12の場があらわれました
これが東洋では十二支と名付けられています
これが規則正しく動くためには軸点となる、時間が存在します
そこに回転がおこるし、流れがはじまるわけです

時間が流れることは、場が存在することです
時間は時間だけが場の中心にあるばかりでなく、
場そのモノの中にも時間が存在しているわけです、また
そこに存在する人間のなかにも、それぞれ時間の存在があるわけです

時間と場とモノの「存在」をとおしての関係です

前回も、井桁の形をしている数理盤から話が広がりました
霊結晶は玉結晶として球体の存在ですが
球体のままでは認識に手こずりますから、数理表現には
方形としての数理盤(9つの升)として見つめるわけです
地図をみるとき球体を平面図でみつめるのと同様のことです

この数理盤の外側にくまなくひとまわり干支を置いたのが十二支、また
9つのマス目の外側に、さらに一回り多く、マス目でくるむと合計25マス目、
25-9=16 があらわれます
わが国では、これが天皇家の十六菊花の紋章として取り入れられております



数理盤上、場を認識する場合、時刻や季節や方位などを当て認識しています
そこに、時間を中心としたゆるやかな流れがあります、回転があるわけ

このとき

ゆるやかな時の流れは、ゆるやかな場の形成をしていきます
時の流れは一定に流れます、そこに場の形成は成るわけですが、
そこに現れる現象は、緩やかでもあり過激でもある、目にする自然界です

毎年、

12月は十二支で云う、「子・ネ」の月ですから、
一年の完了を形作る時間場でもあり、
来年としての新しい年の胎生が始まっている時間帯でもある

1月は西暦年では新年であり、旧暦ごよみでは、13月となる、まだ
前年でもあると同時に、
丑の月ですから新しい年としての兆しがおこるときでもある

また、1月節に入るのも5日以降ですから、それまでは12月の風味も現れる
混ざり合った状態です、ここをどうとらえるのかと云う問題が
時間認識する場合にその前に立ちはだかります

ここにあるのが、
「土用」としての存在です、季節に見立てると、
冬なのに春の始まり
春なのに夏の始まり、、、、、といった具合の混在する時間世界です

1年の中には丑月1月、辰月4月、未月7月、戌月10月があります
年の中にも、丑年、辰年、未年、戌年とあります
波動の中にも、丑波動、辰波動、未波動、戌波動とあります

すべて「土星」の十二支です、季節感で云うところの土用です
ここに陽数理、陰数理の兼ね合いも出てまいります

「場」にも、社長の顔となるとか、横綱の風格がでてきたとかいう風味があります
これが場が人をとおしてあらわしてくる場の味わいというものです
同じモノでも、同じ料理でも、器が良ければ美味しく思えてくる
場が器として、あらわしてくるはたらきです

ちなみに、時間が認識できないときの、
モノからの現象のとらえかたの、お話もしました
そこに現れてくるのが、場のはたらきです

時間はモノの中心にあるだけではない、
場の中にも時間は存在するし、
場にあるモノのなかにも時間は存在するのですから、
ここから観ていく見方です

そこが水辺の場合、どのようにみつめるのか、、、、水辺は1数場です
そこが、役所であるなら、6数理のはたらきですから、
あなたはいま6数場にいるわけです
このようなモノの見方が瞬時にできるようにすること

これは、場に在るだけでなく「名前」にもあります
人間は言語社会に存在するわけですから当然のことです
初詣に氷川神社にむかうなら、氷川神社と云う名前が、大鳥神社なら
大鳥神社というなまえが、場と同じく影響を与えてきます

氷川神社~5画・3画・10画・8画 / 26画 / 8数理
大鳥神社~3画・11画・10画・8画 / 32画 / 5数理

となりますから、これが8数場、5数場の働きとして、環境に働きかけてきます


数霊は数の計算をするんだと考えるのは、
金銭勘定ばかりの日常が産みだす悪しき慣習です

数霊はモノのなかにも入り込むし、
形状の中にも入り込みます
名前の中にも入り込みますから、
いちがいに生年月日ばかり、のめり込みますと宿命感に囚われます


時間を見つめるとき、時間に秘められた12場を十字形象より3つとすると、
それを規則正しく回転させるために、また、動かすための真ん中の1つを、
軸点としての時間とすると、合わせて4つとなります

また、

場をみつめるとき、たんに場があるのではなく、数理盤自体が立体としての
ものですから、そこに「位置」があるし、「序」があるし、それをまとめた「場」が
あるわけです、縦・横・奥行としてのものです、そこに
4つめのものとしての「質」が現れてきます

たとえば

大変な事態といっても、日本にいて大変なのか、反対側のブラジルにいての
大変なのかという距離的なものとしての、「場」の問題があります

また

企業倒産したといっても、最高責任者の立場にある人なのか、
一般社員の立場なのかという、「序」の問題もあります

また

オリンピックの開催でも、高い場所での競技なのか、
低地における競技の開催なのかでは、「位置」の問題もあります

そしてそれらの3つの問題の中心に、「質」としての問題が浮き出てきます
4つ目の問題です
ここに破壊自体の数量問題のほかに、
個別の質としての問題、、、、差が出てきます

現象として観れば

損失をこうむったといっても、100万なのか、1000万なのか、10億なのか、
数量の問題

そしてそれは

稼ぎがない立場の人での、100万なのか、
数百万を1日に稼ぐひとの、100万なのか、数量認識と、質の問題

これを、数理盤より認識することができないとなりません



時間と場の関係は切り離すことが出来ません
場がないところにモノは存在できないし、時間がない世界に場は存在できない

ブラックホールには吸い込まれれば時間も場も何もかもなくなるというけれど、
緩やかな川の流れが滝つぼにのまれるように方向性が変わるだけかもしれぬ
、、、地球視点だけからのわれわれの宇宙観です、何があってもおかしくない

話を戻しましょう

陰数理と陽数理という観方考え方がありますが、これは何なのか
どのように理解すればよいのか
働きを見つめてみましょう

体の中の病巣を考える場合、陰数理を見つめることがせまられます
また、陰数理よりさらに深い深層数理にまで入り込む場合も多々あります
表層とは逆転する世界へのモノでもある
時間は陰陽一体化したモノと捉えると理解しやすいと思われます

パラレル(Parallel)と云う表現がありますが、
陰数理と陽数理においても、同時に進行しているモノです
ただ通常は陰数理は隠れているモノです
これは男性、女性の別なく通常潜んでいるモノです
潜んでいるが存在しているモノです

これが「土星」と云う表現をした先ほどの時間帯には、表面化してきます
表面化しやすいと言った方がよいでしょうか、
向きが変わります、方向性の変化
その意味合いで、

・その年をみていく場合、
・その月を観ていく場合、
・その生年波動を観ていく場合、
・その生月波動を観ていく場合、

現象を読み込んでいくのに難しいところです
現象にどちらが働いているのかの問題です


一例)

1966年うまれとしましょう
姓名数は、3画・3画・12画・3画 / 21画 / 単数3 としますと、
姓名構成の至る所に、破壊性が隠れている、たとえば

・姓名数の各字画の単数が全て生年破壊数X3数構成となります
・姓数と名数の各合計が単数X6となり、準破壊数です
・姓の頭文字と名の頭文字が単数X3破壊となります
そのほかにも、いくつかの破壊性をかかえている名前構成です

人の破壊性が表面化してくるとき、現象への影響力としては小さいのが
名前です

が、

平穏を維持するもの、破壊性が表面化する「さじ加減」をとるものとして、
家系の「姓」を中心とした姓名の存在は、大きいわけです
姓は「家系」そのものです、そこにうまれた我々の生命です

・その各字画の構成がどうなっているのか
・その各字画の単数構成がどうなっているのか
・その合計画数がどうなっているのか
・その合計画数の単数がどのようになっているのか

まずここから、入らなくてはなりません

この場合、

人間関係の言った・X3、言わない・X3の、争い・X3が、頻発する・X3
ところもあり、口先三寸・X3の特性が出やすいところもある
これらを表出してくる原動力として「姓」の存在があり、
この場合、X3・X3数並列姓のさじ加減が影響してきます
また、姓数の合計画数はX6数ですから、日常争い事は頻発してきます

今、お話ししていることは姓名数や、名数を問う前段階としてのもので、
これを抜きにしての平穏はありません



つぎに

同じ姓名数41画と云っても、
あなたにとっての41画の意味合いと、ご友人にとっての41画の
意味合いでは、内容が異なります、現象が異なります、
吉凶が異なるわけです

これをふるい分けているのが時間軸です、時間質です、時間場です
ここでは、時間数としての陽数理と陰数理の年盤をみていきます

1966年(午)  陰数理

 3 8 1    6 2 4
 2 4 6    5 7 9
 7 9 5    1 3 8

 X3・X9    X3・X9   ▲6

4数年午波動

1966~1969 4午・4午
1970~1973 5未・3巳
1974~1977 6申・2辰
1978~1981 7酉・1卯
1982~1985 8戌・9寅
1986~1989 9亥・8丑
1990~1993 1子・7子
1994~1997 2丑・6亥
1998~2001 3寅・5戌
2002~2005 4卯・4酉
2006~2009 5辰・3申
2010~2013 6巳・2未
2014~2017 7午・1午
2018~2021 8未・9巳

2014年から2017年は、「順流7数午波動・逆流1数午」となり
個人的には絶頂期です
また足元が見えませんから好事魔多しとなるのも、この時間帯です

このあたりから、今年までをみていきます
2018年より数理波動が「順流8数未・逆流9数巳」となり、
順流は土星の波動です
陰数理に反転しやすい状況です
その陰数理波動をくりだすと、「順流9数亥・逆流5数丑」となってきます

この人の生年数は4数年午ですから、生年の破壊数はX3・X9となります
生年波動が8数未波動であるならば、破局性はありません

順流8数未    

 7 3 5     
 6 8 1      
 2 4 9      

 X2              

また現在、過去における係争問題をかかえる場合には、
生年波動数8数未波動の場合、今年はC波動3数年ですから、
以下のようになります

生年4数午    S波動未    C波動亥

 3 8 1    7 3 5    2 7 9
 2 4 6    6 8 1    1 3 5
 7 9 5    2 4 9    6 8 4

 X3・X9    X2       X1・X2

この場合、波動盤各所で破局数の合局化がおこってます

生年数 とS波動・・・J場X3-7
生年数 とS波動・・・F場X9-4
生年数 と S波動・・・D場7-X2
S波動 とC波動・・・H場6-X1
S波動 とC波動・・・J場7-X2

この場合、自然嵌合により破局性が緩和されております

個人問題の場合には、柔軟な対応をすれば大問題には発展しにくい要素です
もちろん大企業の問題に中心人物としてかかわっているとか、
国際規模の問題などにからむ総理・大統領的な立場に在るならば
その限りではありません
このように「破局性」もその質と量により、現れ方に違いがでてきます

つぎに

生年波動数の8数未波動のために、生年波動が陰数理に反転した場合、
すべて反転しますから、現在の生年波動数は9数亥波動となります

生年7数午    S波動亥     C波動亥

 6 2 4    8 4 6    7 3 5
 5 7 9    7 9 2    6 8 1 
 1 3 8    3 5 1    2 4 9

 X3・X9    X4・X8    X2・X7

すると

・生年の破壊数がS波動数となります
・S波動の破壊数がC波動数となります
・生年数7がC波動の破壊数となります

ドミノ倒し状態ですから、係争中の事案がある場合は欲を捨てる


先ほどの事案のように
波動数のどちらがあらわれているのか、識別することも必要となります
それはその人を取り巻いている、環境をよく見つめることから始まります
その人の特性、今の周囲の環境、友人関係、
それを生年数やS波動数、C波動数からみつめること
どちらがあらわれていたのかです
どちらがあらわれているのかです
どちらがあらわれてくるのかです

・・・・

外面からでは見極められない問題を、取り巻く環境から判断することです
なぜなら、ここでは陽数理がはたらき、そこでは陰数理となる、、、、など
一朝一夕になるほど、人間は単純ではない
++は+でも
+-は強いもの勝ち
--は+にもなりますから

ここでの事案の理解はむつかしいでしょうが、くりかえしてください
理解できればなんでもない問題です

良いお年をお迎えください


以上、



あとがき
良薬もさじ加減ですから「さじ加減」というのは難しい
命名しても改名しきれないモノとのさじ加減がある
不幸であれば嘆き悲しむのに
平穏が続けば満足しない
自分がいる